10年日記を始めてみました
2016.02.08 Monday

160208.jpg

思い出したように突然更新。
安心してください、続けてますよ。

今年から『10年日記』を始めました。
1ページに数年分をまとめて書けるというアレです。
10年分だから辞書みたいな分厚さ。

毎日ちゃんと日記を書くようなマメさもない私が、3年日記や5年日記というのもあるのに、わざわざ10年を選ぶとは大きく出たもんで。しかし『10年』だからこそ、スタートするきっかけになったのです。

ふと10年後の子どもたちを思ったら、長女は20歳、三女だって15歳。今とは全く違った親子関係がそこにはあり、きっと今のこの気持ちを思い出せない所に立っているんだろうな。そう思ったら、せめてどんな道だったのかだけでも残したい気がしたのです。
となると10年まとめておいた方が管理も楽だし、記録としてもまとまってた方がいいでしょう。

去年の今は何をしていたと時々振り返るツールではなく、10年経ったその後に、一段落したねと見直す程度のものでいい。もともと過去を振り返る作業はしない方なので、意識しないと良い事も悪い事も丸ごと忘れてたりする。そうはしたくない思い出を記録するためのもの。

160208a.jpg

だからいくつかルールも決めて。

1)毎日書かなくてもいい。
そもそも毎日は無理なので、時々書き残せたらそれでいい。娘が二重跳びができたとか英検合格したとか夫のバイクが壊れたとか風邪をひいたとか、そんな小さな出来事たちを。

2)客観的に、簡潔に。
あまり感傷的に書かないように。気持ちよりも出来事優先で。4行しかないのでダラダラと書けないところも良い。

3)消化しきれないほど辛い事は書かない。
これから先、きっと色々あるはず。でも辛すぎる時にはあえて書かない。
消化しきれない記憶は記録にしなくても心に残ってしまうから、わざわざ思い出す手伝いは欲しくない。(もし消化できたなら書いてもいい)

4)誰かを傷つけたり貶めたり、愚痴らない。
吐き出す事で楽になる時もあるけれど、この日記でそれはやらない。後から振り返ってドロドロした記憶に引きづられたくはないから、忘れたくない記録だけ、思い出したい記録だけ。

5)気が変わったらルール改定。
なんせ10年もあるんだから、気が変わるかもしれないしね。その時は臨機応変に。最後は怨念だらけの恐ろしい日記にならない事を願いましょう。

以上。

今はデジタルで便利なツールがいっぱいあるけど、デジタルはソフトやハードに依存するし、手軽ゆえ、いつしか置き去りにされ埋もれてしまう事も多い。だから10年後も物理的に存在感のある紙がいいなと思ったのです。

160208b.jpg

サイズがやや小さいかなとも思いつつ、色合いも気に入ってB6サイズのこれにしました。ミドリカンパニーの「10年連用日記」。
いや〜、重いです。
この重みが10年なのか、そうなのか。
気負わず気楽に続けていきます。

みなさんも一緒にどうですか〜?

160208c.jpg

100冊読書の結果
2015.01.23 Friday

150113.jpg

昨年、長女(当時小2)が立てた年初めの目標「1年で100冊本を読む」。
どうなったかというと、半年の6月15日には目標を達成してしまいました。年間で200冊は読んでたんだね。毎日のように本を読んでいるとは思っていたけれど、数字にしてみると結構すごい。

本にまつわる話も日常的に出てきて、この本面白いから読んでみて!とか、クラスのちょっと変わった男の子が読んでた本が気になって借りてみたとか、そういうきっかけって分かる〜なんて話したり。

私も中学の時、学校で目立つ年下のサッカー少年が書いた「にんじん」の読書感想文に興味を持ち読んでみたら、彼の性格とは対照的にとても暗く内向的な話で、それがじわっと心に残り、妙に彼の事が気になり出したという経験あり。

しかしこの思い出にはオチがあって、親しくなってからその本の事を聞いてみたら、感想文を書く宿題のため、推薦図書のあらすじを読んで、そのまま書いただけという。全く本文は読んでいなかったのよね。もうガッカリだったよ。
当然彼への興味も急速にしぼんでいったけどね。

それはさておき、
これだけ本を読んでるとなると、今度は本の質が気になってきます。もともと、なぞなぞやクイズ系の本は娯楽で読んでも100冊にはカウントしないようにしていたが、それでも偏ったシリーズ本を沢山読んでいるので、できれば名作も読んで欲しいと欲が出てきてしまった。

で、手に取ったのが小学生のための読解力をつける魔法の本棚。小学生の読書について書かれた内容は興味深いし、何と言っても最後のブックリストが参考になる。

読書日記にあったシールともかぶる事があるけれど、だからこそ、おすすめ度も高いという事なのよね。あ〜、この本いいよね〜、そうそう読ませたい!と古い記憶がどくどくと蘇る。三分の一くらいしか私も読んだ事がなかったので、一緒に読んでみようかと思っています。

ちなみに、昨年長女のこの目標を聞いて、密かに私も年間100冊読書にチャレンジしたのでした。
ブクログの記録によれば一昨年が83冊だったのでもう少し読書量を増やせばいけるかと思ってたけど、昨年は後半仕事が忙しすぎて失速。結果58冊でした。

ボリューミーなシリーズ本が続いたというのもあるから一概に量が減ったとも言えないけど、まぁ、ムスメには遠く及びません。
運動も勉強も特別得意な事は見当たらないけど、本が好きな事は唯一の彼女の目立った個性のようです。

あけましておめでとうございます
2015.01.06 Tuesday

050101.jpg
仕事もプライベートも、なかなか良かった2014年。
全部がぜんぶ、満点とはいかないけれど、
90点も110点もあったから、ざっくりまとめて100点をあげよう。

この好調のバトンを受け取った2015年。
そう、こういう時こそ気をつけよ。
調子に乗らず、粛々と。

* * *

あまりにも放置しすぎて、ちょっと言いづらいのですが
これがないと新年はじまらないので言わせてください。

今年もよろしくお願いしま〜す。
続きを読む

子どもとオルセー美術館展
2014.10.07 Tuesday

141005.jpg

行きたいと思っていたオルセー美術館展、晴れの休日に美術館というのも少しもったいなくて先延ばしにしていたのですが、ついに雨の週末(というか台風‥‥)家族で行ってきました。気がつけば終わってしまうところだったとは。

末娘は4歳だし、子どもが3人寄れば騒がないかと心配でしたが、事前に何度も「静かにみるところよ」と言い聞かせドキドキして入ってみれば、子どももチラホラといたし、結構平気なのねー。親子でも十分楽しめました。

印象派をより知りたくて直前に読んでいたこの本がすごく良かった。『印象派という革命』。これを読んでから行けば10倍楽しめるし、読んだら視点もずいぶんと変わるかも。当時の画家達がおかれている状況とか、それぞれの立場とか、そういった空気がよく分かります。ほんとにオススメ。

夫と回っていた子ども達は私が遅いのにしびれを切らし、夫に連れられて先に退場。おかげで私はじっくり楽しめたので良かった。

そんなだから子ども達はあまり楽しめなかったかぁと思っていたら、翌朝、二女がうちにある一冊の本を持ってきました。
コレ、オリビア。

141005a.jpg


その中にね、あるんですよ、ある1ページが。

141005b.jpg

『あめのひは びじゅつかんへいくのがすき』

そうそう、コレ。この絵。

141005c.jpg


オルセー展にあったエドガードガの作品ですよ。
「舞台のバレエ稽古」。

ちゃんと覚えていて、「同じだよねー」って。
へぇ〜、さほど興味はないようにみえたけど、少しは心に残っているもんだ。

続きを読む

9歳の誕生日会
2014.07.07 Monday

140628.jpg

先月、長女が9歳になりました。早いものですねー。

誕生日の一ヶ月以上前から「友達を呼んで誕生日会をやりたい」とアプローチされ、その度に「なんか面倒そうだな‥‥」という理由で「ちょっとムリだな〜」と返事をして受け流していました。

そしたらある日、友達のお母さんから「お誕生日会に呼んでいただいてありがとうございます」というメールが届いた。「え??」と思ったけど、なるほど、数日前に何やらコソコソとカードを作っていたような、、
そうか、あれは招待状だったのか、、、、

親の知らない所で期日を決めてお誘いカードを渡していたようで、もう逃げ道がなくなってしまった。ちょっと咎めるとプクっとふくれたが、私に言っても埒が明かないと判断して行動を起こしたムスメもなかなかのもの。

まぁ「ムリ」な理由が「親の準備が大変だから」という情けないものなので、仕方ないからやる事にしましたよ。
だけどお昼準備して〜とか面倒だから(また禁止ワード言っちゃった)、アフターヌーンティーパーティーという事で、14時開催、ケーキやおやつを食べながら皆で遊ぶって感じのプログラムでミニマムに。

一週間くらい前から少しずつ飾り付けの輪っかを子どもたちに作らせて、お返しのプレゼントセットを用意して、当日はケーキの手配とテーブルセッティングと。女の子だしワキャワキャいいながらやれば準備もまた楽しいのよね。

140504a.jpgそんなこんなでスタートした会はかなり面白いものでした。
小3女子ってこんな感じか〜と思うような意地悪な一面や、集まったメンバー間の微妙な力関係とか、そういう中にいても割とマイペースな長女の様子とか。

私も昔友人のお誕生日会に行った時の事を思い出しては懐かしんだりしてました。
たいした事もやっていないけど、こういうお友達との思い出は、大きくなっても大切な記憶になるんじゃないかな。

どんどん成長して、時にものすごい反抗的で、それがまた小さい頃とは違ってまーカワイクないこと!
その一方でうまく甘えられず一人泣いていたり、夜中に抱きついてきたり。
そんな行ったり来たりの全てを含めて、いつまでも愛おしい事に変わりはないのだろうと思う。

少しずつ親離れして、友達との時間の方が楽しくなっているのを感じながら、でも、まだまだ最後に帰ってくる場所はココなんだよね。

「木は それで うれしかった(by おおきな木)」の気分です。
(新訳版より断然ほんだきんいちろう訳の方が好きです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。