10年日記を始めてみました
2016.02.08 Monday

160208.jpg

思い出したように突然更新。
安心してください、続けてますよ。

今年から『10年日記』を始めました。
1ページに数年分をまとめて書けるというアレです。
10年分だから辞書みたいな分厚さ。

毎日ちゃんと日記を書くようなマメさもない私が、3年日記や5年日記というのもあるのに、わざわざ10年を選ぶとは大きく出たもんで。しかし『10年』だからこそ、スタートするきっかけになったのです。

ふと10年後の子どもたちを思ったら、長女は20歳、三女だって15歳。今とは全く違った親子関係がそこにはあり、きっと今のこの気持ちを思い出せない所に立っているんだろうな。そう思ったら、せめてどんな道だったのかだけでも残したい気がしたのです。
となると10年まとめておいた方が管理も楽だし、記録としてもまとまってた方がいいでしょう。

去年の今は何をしていたと時々振り返るツールではなく、10年経ったその後に、一段落したねと見直す程度のものでいい。もともと過去を振り返る作業はしない方なので、意識しないと良い事も悪い事も丸ごと忘れてたりする。そうはしたくない思い出を記録するためのもの。

160208a.jpg

だからいくつかルールも決めて。

1)毎日書かなくてもいい。
そもそも毎日は無理なので、時々書き残せたらそれでいい。娘が二重跳びができたとか英検合格したとか夫のバイクが壊れたとか風邪をひいたとか、そんな小さな出来事たちを。

2)客観的に、簡潔に。
あまり感傷的に書かないように。気持ちよりも出来事優先で。4行しかないのでダラダラと書けないところも良い。

3)消化しきれないほど辛い事は書かない。
これから先、きっと色々あるはず。でも辛すぎる時にはあえて書かない。
消化しきれない記憶は記録にしなくても心に残ってしまうから、わざわざ思い出す手伝いは欲しくない。(もし消化できたなら書いてもいい)

4)誰かを傷つけたり貶めたり、愚痴らない。
吐き出す事で楽になる時もあるけれど、この日記でそれはやらない。後から振り返ってドロドロした記憶に引きづられたくはないから、忘れたくない記録だけ、思い出したい記録だけ。

5)気が変わったらルール改定。
なんせ10年もあるんだから、気が変わるかもしれないしね。その時は臨機応変に。最後は怨念だらけの恐ろしい日記にならない事を願いましょう。

以上。

今はデジタルで便利なツールがいっぱいあるけど、デジタルはソフトやハードに依存するし、手軽ゆえ、いつしか置き去りにされ埋もれてしまう事も多い。だから10年後も物理的に存在感のある紙がいいなと思ったのです。

160208b.jpg

サイズがやや小さいかなとも思いつつ、色合いも気に入ってB6サイズのこれにしました。ミドリカンパニーの「10年連用日記」。
いや〜、重いです。
この重みが10年なのか、そうなのか。
気負わず気楽に続けていきます。

みなさんも一緒にどうですか〜?

160208c.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。