あつい、あつすぎる
2010.10.13 Wednesday

101011.jpg

雨で延期になったのが一転して快晴の運動会。
確実に日焼けしたと思う。。

長女が今の園に入園以来、初の夫参加。今年から親子競技に騎馬戦が入ってきたから助かりました。去年の白熱した様子を見ていると、弱い馬(おかあさん馬とか)が容赦なく狙われていて、こりゃ大変だ!と思ったものです。おまけに年中さんの出場演目が格段に増え、二女の演目と合わせると19種中10種も!
ビデオにする?カメラにする?そんな事よりも三女もいるし。

とにかく目が回るほど忙しい運動会でした。


* * * *


年中さんからスパルタになるという運動会の練習。確かに鼓笛パレードとか組体操とか、なかなかのデキでした。こんな事ができるようになったんだなぁって思うと、小さいと思っていた子が急に大きく見えたものです。去年もそれは感じていたけれど、年中さんになるとそのレベルがぐっと上がるようです。

長女のかけっこは2位。去年は3位だから1つ上がったね。
二女は実に堂々と踊っていました。親子競技ではおとうさんにベッタリでダメだったけどね。

仕事を調整して初めて参加した夫には親子競技とビデオ&カメラ、全てお願いして、私はおじいちゃんと一緒にひたすら三女の面倒を見ながら遠くから観ていました。あまりにも暑すぎて日陰で待機していたのです。おかげで運動会が終わってから長女に「おかあさん、いつ来たの?」なんて言われちゃったし。。いやいや、最初から最後までちゃんと観ていましたからね。

101011a.jpg

騎馬戦では「くれぐれも熱くならないように」と先生から釘を刺されたという夫。え?そんな風に見えるのかな〜。確かに負ける気はしないけど(笑)、こども競技で熱くなる人ではありませんよ?

そして、始まる前から「あやめちゃん、狙うから!」と男女問わずお友達から宣戦布告を受けてた長女。さて立派な馬はどう立ち回るかと思いきや、真っ先に帽子を取られるダメ騎馬でした。二回戦とも。
だって、上の長女が両手で馬にしがみつき、帽子を押さえる防御も捕りに行く意欲も全くないんだもの。騎馬戦というものを分かっていないのか?と疑うほど。もうガックシ。。

でもね、終わって親子おんぶで退場する時、満面の笑みで夫にしがみついていた長女。初めての父親参加が嬉しかったんだろうなぁ。
こどもって小さいながらに色々と折り合いをつけて生きてるんだと思いました。全然分かっていないようだけど、「おとうさんは仕事でこられない」っていうのを理解して、受け入れていたんだろうね。うちに限らず、大人には色んな事情があるけれど、こどもはそれを十分理解しているんだなって、各所を見て思った一日でした。

さて、来年は、いよいよ私が馬か?
楽しみです。^^



運動場広いのね〜と見ていたが、これってもしかして小学校??
なんか、懐かしい風景なのですが、、、。
Posted by shioring at 2010年10月19日 17:43
そうそう!そうだよ〜。懐かしの小学校です。
うちは毎年ココをお借りしてるんですよ。
再来年は入園予定。後輩だよー。
Posted by サトコ at 2010年10月20日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]