運動会
2013.10.20 Sunday

131012.jpg

秋は過ごしやすく、子どもの行事がいっぱい。
小学校と保育園とそれぞれの運動会もありました。

いつの間にか子ども達でてるてる坊主をつくり、ハンガーにつけて物干竿に干し、晴れますように〜と呪文のように3人で言い合ってて面白かったです。
この強烈なてるてる坊主のせいで、真夏日のようなカンカン照りになったんじゃないかと。。
当日は暑すぎたよ。

131012a.jpg


運動会の時期につらいのは、夫の仕事の関係で土曜日は私しか見に行けないという事。何がつらいって、それぞれの参加演目をビデオにおさめないといけない(夫にみせるため)。小学生は1人だけなので余裕を持って撮れるのですが、保育園児は2人で大忙し。18演目中11演目の参加で、その中には親子競技も含まれているのだから、そっちにも参加して、、
もっと落ち着いて見たい、といつも思います。

小学生の運動会では、一番大きな6年生は13歳、もう大人みたいな体躯の子がいっぱいで、その中に入ればまだまだ2年生もおちびちゃん。かわいいもの。

ふりふりダンスも良かったし、かけっこも遅いなりに一生懸命走っていました。
我が子はいないけど、5、6年生の組体操を見て思わずウルっと。その年齢の輝きってあるなぁ。キラキラしてて胸がキュンとなります。

保育園の運動会では、三女のやる気のなさに驚愕しました。。
家でそれとなく演目の歌を歌っても全く反応を示さないので不安はあったのですが、案の定まったく動かないという、、

二女とは「かけっこ1番になる!」と約束していたので、期待半分で見ていたら、見事1番でゴール。さらっとやってしまう所に天然の強さを感じます。

後から「1番になってどんな気持ちだった?」と夫から尋ねられると「おかあさん、よろこんでくれるかなーとおもったハート」ですと。いや〜、もう抱きしめちゃったよね。

普段から特別1番になりなさい!という教育はしていないけど、上を目指す努力はして欲しいと思ってした約束で、そこで結果が出せて彼女の中で良い成功体験になってくれたらなと思っていました。
それが「誰かを喜ばせたいから頑張る」という予想しない答えが出てきて、あー、子どもってやっぱりすごいなぁと。

そういうのもいいよね、と私の方が教えられた気がします。

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。