サイエンスショー
2013.11.11 Monday


131110.jpg

PTA役員の仕事の一環で、近隣の学校でやっているサイエンスショーへ行ってきました。他校の参観もできるし、イベントの運営方法や校長先生の話、PTAの雰囲気など、普通に過ごしていたら知れない他所の学校の事を知り、いろんな意味で有意義な時間でした。
学校によって随分と雰囲気が違うものなのね。

サイエンスショー自体は子供向けな内容で、カラクリ(原理)を分かっていると特別「オ〜!」というものはなかったけど、それでも実験をして証明するというプロセスの重要性を感じました。頭で分かる事と体験を通じて学ぶというのはひと味違いますね。目で見て、手で触れて、そういう体験が貴重です。

途中で実験がうまくいかずやり直す際、先生が「みんなもね、しっぱいする事もあるよね。でもね、あきらめない事が大切だからね。もう一回やるよ!」とサラリと言った一言が突き刺さりました。ショーの失敗って見ている方としては残念な感じがしたりするけど、そういう事も含めて落ち着いているのも良かった。

そうだよねー、失敗したから終わりじゃなくって、それでもリトライしたり、別の方法を探ったり、そういう事が大切なんだよね。一緒に参加した娘達の心に少しでもかすってくれたらいいな〜と思ったものです。

その日一番素敵な言葉でした。
タグ:PTA役員

最近、この素敵な日記帳をのぞかせてもらっています(*^^*)もうすぐ四ヶ月になる娘がいます。28歳の母です。
長女さんの誕生からの成長録を初めに見させてもらったので、娘さん、もう小学生になられてるなんて!と小説が数年後にワープしたような感じで読ませてもらいました。
娘に重ね合わせながら、数ヶ月後はこんな感じ?一年後は…とワクワクみせてもらいました。
きっと、そうやって一つ一つの経験から、色々なものを感じとって成長していくんでしょうね!大人の方は、好奇心が薄れていきやすいけれど、物事をそうやって深く感じていける子に育つといいなぁ(*^^*)と、思いました。
毎日を忙しなくただ過ごすのではなくて、その中で大切なものはちゃんと伝えていかなきゃ!と。
育児にお仕事と、PTAもされて、すごいですね!またおじゃまさせてください♬




Posted by きっころ at 2013年11月11日 18:36
きっころさん

こんばんは。
コメントいただいてから一ヶ月も経ってしまってすみません!
メモの方は更新も滞り気味です。。
ほんとPTAも仕事もパツパツで、なかなかブログにアクセスもできず。

初めての子育てで毎日を必死に過ごしていたのに、気がつけばもう8歳。本当にあっという間でした。先が見えないと苦しい事も、今一時の事なんだと思えれば頑張れますよね。
4歳くらいになると、本当に楽になりますよ!

それでも、乳児期の愛おしさはまた別格です。
4ヶ月の赤ちゃん、うらやましい〜〜。
今を存分に楽しんでください♪

Posted by サトコ at 2013年12月07日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。