二連休の二日目は水族館
2010.07.22 Thursday

品川水族館

久しぶりの家族揃って二連休。
いつ以来だろうと記憶を巡らしてみたら、もしかしてお正月以来??
前日の海疲れで私はダウン、ちょっとのんびりしたいと思っていたけどこの日の予定は長女のリクエストで水族館でした。

深夜に帰ってきたし、午前中はのんびりして午後から出かけるハズが、水族館コールで起こされた。なかなか起き上がれない私に「コマリと二人で家にいる?」なんて甘い誘惑が。ちょっと心揺れたけど、せっかくの休日にもったいないと起き上がってみれば、おにぎりに水筒、朝食を済ませバッチリ着替えたムスメ二人。夫、張り切ってます。。ありがとう。

行った先は品川水族館。方向音痴の夫に任せたナビはJR大森駅から徒歩20分。うそでしょ、スリングで超炎天下なんですけど(後で知ったけど大井町から無料送迎バスもあるし「大森海岸駅」の方が近い!!)。もう汗だくで何とかたどり着きました。昨日の海よりもだいぶハードじゃない?

おまけに室内でゆっくり魚でも観ましょうなんて甘い甘い、さすが連休中、ものすごい人で全然のんびりじゃないし。ベビーカー嫌いの三女は夫と代わりばんこで終始スリング、そして騒ぎ回る二女。長女が楽しみにしていたイルカのショーもそこそこに、サクっと退場。もうちょっと空いている時に行きたいね‥‥。

品川水族館

品川水族館は隣接して公園や競艇場もあるから、もう少し日差しが和らいだ頃に来たら楽しそうでした。子ども達は結構楽しんでいたので良かったが、親はもう疲労困憊。この時期(1歳&0歳)の電車移動、人込みへの外出は神経使うし周りに気を使うし、ちょっとしばらくはいいかな。。電車で絶叫する二女にもうコリゴリです。

家に帰ってきて夫と「今年の夏の思い出は近所で作ろう」と何度も言い合ったのでした。

翌日。
夫が事前に下調べをしてた雑誌を見ながら「あ、オレが行こうとしてたのはエプソン品川アクアスタジアムだった!」。‥‥‥‥品川駅徒歩2分。
なんかおかしいと思ったんだ〜!って、、頼みますよ、お父さん。。

海水浴と花火
2010.07.21 Wednesday

今年は無理かなぁと諦めていた海、悩んだ挙げ句、決行しました。
友達家族と去年と同じ場所にLet's go!こちらは乳児連れ、あちらは妊婦さん、言う事を全く聞かない1歳児と元気な4歳児×2。よくぞ行ったなぁというメンバーでしたが、お互い旦那さんが頑張ってくれました。

去年は雨降りな予報だったせいか海もガラガラで優雅な海水浴だったのに、今年は海開き後のピカピカな一日。子どもからちょっと目を離したら迷子になりそうなにぎわいぶりでした。まぁ、とにかく暑かった!!友達ファミリーの装備も子どもの成長と共に年々グレードアップして、今年はボートが増えてたし。妊婦な奥さんと子どもを乗せて、お父さん頑張ってたよ〜。

我が家は海を怖がる長女と食料から離れない二女。長女も最初は楽しそうにしていたのに、ボートが転覆したり、砂浜で遊んでいたら大きな虫が足に食いついていたり、ちょっとした事でどんどんテンションが下がってしまい、最後はテント付近から離れなくなってしまった‥‥。二女は二女で終始何かを食べて、寝て、また食べて‥‥。ここはどこですか?

せっかくの海を半分しか楽しめない子ども達に夫も消化不良な様子。結局一人海で泳いでましたからね。こういうアクティブな遊びに消極的なのは単に女の子だからってだけじゃなく、性格なのかな。ま、焦らず、海を楽しめるようになるまで待ちますか。

100718b.jpg

そして今年は日が落ちるのを待って花火までやっちゃいました。手持ち花火にシュワシュワな置く花火(なんとかドラゴン系?)。ビビリな長女はここでも手持ち花火を持ちたがらない。。一方二女は積極的に持ちにいくし、面白すぎ。二女って強いなぁ〜。

友達は妊婦さんなのにおにぎりや唐揚げ、ポテト、キュウリの浅漬け、、、とにかく大量に準備してくれて、いつもいつも助かります。こっちは子どもばかり増えちゃって、いつもバタバタだもんね。懲りずにまた誘ってね♪

梅雨入り前にわたあめ
2010.06.14 Monday

久しぶりに家族揃っての休日!
大人の手が一つあるってだけで私も気分的にだいぶラク。近所の公園でイベントをやっていたのでプラっと立寄り、わたあめとかき氷で一足先に夏気分。土建イベントだったから出店も手作り教室も土建屋のおじちゃんが頑張ってました。

テキ屋さんの作る上手なわたあめと違い、慣れない手つきで作った不格好で大きなピンクのわたあめは長女の心をワクワクさせたみたい。手がベタベタになるから苦手、、なんて情けない事を言う私をよそに、果敢にわたあめに食いつくムスメ。顔中ベッタベタで完食。全く、かわいいなぁ。

梅ジュースの仕込み
2010.06.12 Saturday

去年作った梅ジュースは子ども達にも好評で、夏が終わる前に終わってしまったから、今年は多めに作ろうとまずは青梅3キロ。子どもが増えて重い買い物袋を持ち歩きたくないし、今年はネットで注文しちゃいました。玄関までお届けってありがたや〜。

早速、仕込み、仕込み、、、あれ。
手持ちの密封瓶は4リットルまでなので‥‥、一回で全部は無理でした。10日程度でできるから時間差で作る事にして、1.5キロに氷砂糖で第一弾。第二弾は三温糖で濃厚な味にしてみようかと。飲み比べて家族の評判の良い方を来年は作ろうかな。

梅ジュース(シロップ)の簡単な作り方

去年もそうだったけど、長女は一日一回瓶を振るのが楽しいみたい。毎日少しずつ変化する瓶の中身を見るのも面白いし、こうやってものができる過程を観察すれば、ただパックに入って売られているジュースを買うのとは違った味わい方ができるのかもね。

待つ喜びが少ない時代に産まれてるから、たまにはのんびりも必要でしょう。

臨月の友
2010.06.09 Wednesday

今年も同級生で出産する友人がたくさんいて、長女の保育園友達のママ・高校時代の同級生・会社の同僚・元同僚・夫の同級生、、、一緒に育児の話をできるのが嬉しいです。

先日は臨月の友人が遊びに来て、玄関を開けてそのお腹を見てビックリ。つい先月会った時にはそんなに大きい感じはなかったのに、やっぱり最後はググっと大きくなるのね。痩せているから余計にその大きさが目立つ!喉元過ぎればなんとやら、私も一ヶ月前はこんなお腹で苦しかったなぁと遥か昔を思い出す気持ちで眺めてました。

臨月の頃は「早く産まれないかなぁ」と誰しもが思うようだけど、実際産まれてからの忙しさで「お腹にいた時の方が楽」と思う事も少なくないよう。私も長女の時はかなり疲労困憊でした。彼女はその時にも遊びに来てくれていたので「今回は余裕だね、あの時はやつれてたもんねー」なんて、誰が見てもやっぱり当時は疲れていたらしい(笑)。

初めての出産で彼女がどんな事を感じるのか、どんなお産になるのか、今からとっても楽しみです。頑張ってね!お揃いにと作ってくれたスタイをして、一緒に赤ちゃん写真を撮りたいな。

新宿子連れランチ
2010.04.21 Wednesday

先日、元同僚ファミリーと平日ランチに行きました。私は臨月だし単身身軽で、同僚は6ヶ月の赤ちゃん連れ。思いがけずパパも同席できたので良かった。

久しぶりに会ったけど、二人とも全然変わらな〜い。一緒に働いていた時はまだ結婚はおろか、二人がつき合ってる事も知らなくて、それぞれとそれぞれ別々な付き合いをしていて、だから結婚の話を聞いた時はビックリでした。

時間がたってこうやって仕事とは全然違う場で家族となった二人に会うと、また当時とは違った一面が垣間みれて何だか幸せな気分でした。みんなそうだけど、働いている時はどうしても仕事をしている一面しか見えないもので、だから家族揃ったところを見るとその人がさらに立体的に見えるというか。それはきっとプライベートで飲みに行っても見えない部分なんじゃないかな。

0歳の赤ちゃんを交互に抱いてあやして、そんな二人を見ているだけで自然と笑顔になれる。すごく素敵な構図でした。次の予定があったからあまり長くいられなくて、もっともっと話していたくてちょっぴり消化不良。次回は余裕を持って会いたいなぁ。今度はうちのファミリーも一緒に。

しかし、たった2、3時間出歩いただけでどっと疲れてしまい、帰ってからお迎えまで一寝入り。過去最大に大きくなってるお腹は重い〜。

マタニティーdeランチ
2010.04.15 Thursday

産休に入ったら会おうって約束をあちこちで山ほどしていたのに、お腹の赤ちゃんが早く出たがるもので、なかなか思うように出歩けず。あと2週間頑張れば(37週過ぎれば)もういつ産まれてもいいからと言われ、検診のたびにカウントダウンする日々。最初の出産前に入院したこともあり、カラダのサインには妙に慎重になってしまう。

そんな中、2ヶ月違いで妊娠中の高校の同級生とランチに。家も近いしお互いお腹が大きいので、ちょっと歩いては休み、休み。ちょうど良い運動になりました。産まれてくる子に何作ろうかとか、産後をどう過ごす?とか、この子とそういう話をするとはねーなんて心の中で不思議な思いもして。

まだ5年しか母親やっていないけど、もう今では母親以前の自分を思い出せないほどに母親になってしまい、そういう私からこれからママになる友達を見ると、妙に初々しく見えて何だかカワイイなぁとかね。私もこうやって最初の出産を迎えていたんだろうかと振り返り懐かしむ。

私の年齢で子持ちって決して珍しくはないハズなのに、最初の出産時には周りには子どもがいる友達もいなくて、右も左も分からぬまま妊婦生活を送っていたから、こうやって友達と一緒にマタニティ期を過ごせるっていうのは楽しいものね。

働きながらの妊婦生活は、どうしても独身同僚達と同じように働こうとしてしまうから、妊娠している事を引け目に感じたりして、どっぷりお腹の子と向き合う余裕もなかった気がする。だからこうして出産前の時間をゆったりと過ごせる事がどんなに幸せか噛み締めています。

写真はその友達にもらった着物。サーモンピンクがとってもキレイ、ありがとね〜。和装したいと思いつつ、ここ数年は妊娠・出産・授乳続きでなかなか踏み切れず。長女の小学校入園式には着ていきたいな。

真っ白な骨になりました
2010.04.03 Saturday

去る3月31日、メス猫シロちゃんが永眠しました。享年12歳。
腎不全で余命1年の宣告を受けてからわずか1ヶ月。あまりに短く突然でしたが、苦しい時間が短かったのは本人にとっては良かったのだと思っています。気位の高い、実に猫らしい猫で、死に際も本当に彼女らしい去り方、最後まで品のある猫でした。

死後の弔い方を考えていなかったので、お墓を作るとか土に埋めるとか色々と迷いましたが、彼女だったら一カ所に埋められるよりも自由になりたいんじゃないかと、白い粉にしてもらう事に。

翌日、ペットの火葬場に行き個別の立ち会い火葬をし、粉骨して自宅に持ち帰りました。いずれどこかに散骨したいと思っていますが、どこがいいのかまだ分からず、四十九日が過ぎるまでは家でゆっくり過ごし、そのうちにシロちゃんが行きたい場所をそっと教えてくれるんじゃないかと思っています。

続きを読む

おうちたこ焼き
2010.03.22 Monday

たこ焼き

来月入籍する友人の新居へ。広いリビングが魅力的な素敵な部屋で、子ども二人を連れて行くのは気が引けるくらいだったけど、長女は小さい頃からよく遊んでもらったのを覚えていて前日から手紙を描いてワクワクしてました。

子どもがいないのに子どもの扱いに慣れている友人なので、気がついたら子守りまで任せてウトウト寝てしまうくらいくつろいでしまった。(なんだか最近またちょっと眠くてダルいのです)

用意してくれたたこ焼きは、子ども達も楽しくよく食べてました。関西ではおうちたこ焼きなんて当たり前と聞くけど、なるほど、これは楽しいし美味しい!うちでもやってみたい。帰って早速調べて万能プレートを買う気満々。このプレートかなり優秀みたい。

インテリアに凝っている彼女の部屋は引っ越すたびに遊びに行ってるけど、いつも素敵だな〜っと。かなり古い物件でもひとたび部屋に入るとそんな雰囲気微塵もないからさすが。私も爪アカ煎じてお部屋改造に乗り出そうと決意しました。

さて、どこから手をつけるかな。

余命一年の宣告
2010.03.04 Thursday

うちのメス猫12歳、シロの話です。
最近食事もわずかで、ちょっと気になるくらい痩せてきたので夫が病院に連れて行ったところ、腎不全という診断を受けました。

腎不全は高齢の猫がなりやすい病気であること、
治療をしても治らないこと、
進行状況は悪く5段階中4レベルであること、
そして余命一年以内であること。

「取り越し苦労だったね」で終わると思っていた検査入院だったので、最初は悪い冗談だとしか思えませんでした。

続きを読む

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。