映画「アバター」:自分のアバターが作れる
2010.02.08 Monday

会社で教えてもらった自分のアバターを作れるサイト。映画のアバターも観ていない私ですが、this is itを観た時に予告で観ていたしストーリーは知っていたので十分楽しめました。

真正面の顔写真があれば、それをサイトにアップロードしてナヴィ顔にしてくれるというもの。男女選べて、マウスに反応して目や表情が動くしアバター知らずでも結構面白いですよ。ちなみに上の写真はうちのネコちゃん。
人じゃないものをアップしたらどうなるんだろう?と思ったけど、ちゃんと獣っぽく変換されているのがスゴイ。正面の顔写真って案外なくって探すの苦労したけど、ちょっと面白いですよ〜。

明けましておめでとうございます
2010.01.04 Monday

謹賀新年

昨年中はお世話になりました。
相変わらずのスローペースですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

* * * * * * 


昨年末は年賀状を作るためにパソコンにむかう事さえカラダが(胎児が)拒否。夫用はなんとか年内に作ったものの、自分用はさてどうしたもんかと思っているうちに新年を迎えてしまいました。

もう「ごめんね!」の一言で済ましてしまうつもりだったのですが、連日届く皆の力作&スマイル写真を見るたびに心が痛み、やっぱりイカン!と年が明けてから作りました。(今年はいただいた方のみなので、届かなかった方ごめんなさい。)

毎年ムスメ達の写真入りだったけど、パソコン拒絶反応により今年のメインは保育園のお制作風。折り紙を手でちぎって貼ってクレヨンで模様と口を描く。長女と一緒に折り紙をちぎって貼っては楽しかったです。出来上がったトラくんは、やたら目が小さかったり離れていたり、眠そうだったり怖そうだったり、手作りらしく一頭ずつ個性があり、行き当たりばったりなりに面白いもので。

来年もコレで行こうかななんて一瞬思ってみたけれど、実は結構な労力でして、、次はナイかなぁ。我が家の方針は「宛名は手書きで、一言かならず添えるべし」だから、宛名書きにも時間がかかるのです。100枚近くある夫に比べれば私の送る枚数はぬるいもんですが、それでもやっぱりね。

メールでの挨拶が増えていく中で、こうしてポストに届く、手がかかっている贈り物は嬉しいもの。みんなの年賀状を見てしみじみ〜。
年賀状っていいものです。

年末いろいろ
2009.12.31 Thursday

091227.jpg

長女の最後の保育園生活はおたふく風邪により予定より早く終焉を迎えました。
とほほ。

それでも年末は年越し前にお餅つきに行ったり、遠くの友達が突然立ち寄ってくれたり、保育園友達の家で美味しい物を食べる忘年会をしたり、夫と二人で久々に映画を観に行ったり、なんだかんだと楽しく過ごしていました。

毎年予期せぬ出来事に「そうそうナイだろう」と振り返る事が多くなったけど、これからは「そうそうナイ」事づくめになっていくものなのかもと思ってみたり。年を重ねるってそういう経験(財産)が増えていくってことなんだろうね。

それにしても今年の年末ほどダメダメだった年はないというくらい大掃除も年賀状も年越しそばも手をつけられなかったなぁ。そんな年もあるさ〜!(そんな年ばかり?)
来年末は充実した一年の〆だったと振り返りたいものです。

This is it
2009.12.18 Friday

spacer.gif時間が経ち過ぎて何から書こうか困ってしまう。。

もう一ヶ月も前の話ですが、映画「This is it」を観に行きました。
特別マイケルのファンという事でもなく、当時ツワリも酷い時期で
映画に行くくらいならベッドで寝ていたいという気分だったのに、
妹に強く誘われ、気分転換に行っておいでよと子守りは夫が引き受けてくれ
断る理由がなくなってしまったので、、という程度の意気込みで。

座席に座ってもまだ「来なければ良かった」と思う体調だったけど、
しかしコレは行って良かった。鳥肌立ったし何だか涙出そうになっちゃったし
何より、彼の素晴らしさを少しでも知れた事が良かったなぁ。
どちらかと言えば、良くないイメージやゴシップばかりが耳に入ってきて
そういう偏見の方が強かったから、良い面は全くといいほど
見ていなかった気がする。

映画館の大画面で見るパフォーマンスも素敵で、本当にもったいない。
この舞台が一度も本番を迎えなかったなんて、もったいない、もったいない。

もう一度観たいと思っていたので、再上映はもちろん行きます!

3年にわたり放送される壮大な物語
2009.12.13 Sunday

spacer.gif夫が珍しく録画して見ている「坂の上の雲」。大絶賛して勧められたもんで、出演者もみんな好きな俳優さんだったし試しに観てみた。映像化されるものに関しては、できれば先に原作を読みたい方なので、先にドラマを観ちゃうのはどうかと思ったけど、観たら引き込まれます。これからどんどん難しい話になって行くのだろうから、初回・2回目くらいがすんなり入っていける感じだったのかな。

昔は志の高い人がたくさんいたのだなぁと、それが特別ではなく、多くの若者がそうだった時代。観ていて背筋が伸びる思いです。ドラマの中に、心に残る名言がたくさん出てきます。「一身独立して国独立す。」素敵です。

司馬遼太郎さんの本は実家に山ほどあったけど、読み始めるのには「よしっ!」という心意気がないと読めない部類の本だったので、結局今まで一度も手をつける事はなく。屋久杉じゃないけれど、本も「呼ばれて」読むような種類のものってある気がします。

時期を違えば心に響かない。何も残らず、読んだという記憶しか残らないのはもったいないという種類のもの。この本もようやく活字で読みたいと思い始めました。

それにしても方言っていいですね。生まれも育ちも東京の私としては羨ましい。同じ事を言ってても何だか優しい響きに聞こえます。「だんだん(ありがとう)」。

しばらくお休みします
2009.10.10 Saturday

お久しぶりです。
体調を崩していたこともありますが、この一ヶ月で新しい事が色々と動きだし、なかなか家でパソコンに向かう時間がとれなくなりました。

大切なお友達との別れや運動会など、日々残しておきたい記録もたくさんあるのですが、思い切ってしばらくお休みすることにしました。また落ち着いたら少しずつ更新していきたいと思っています。(一ヶ月くらいで落ち着くハズ‥‥)

それでは、その時まで〜。

4時起き朝型生活
2009.09.13 Sunday

働き始めて掴めてきたリズムは夜10時就寝の朝4時起き。日中働いていると夜はどうしても子供の寝かしつけで一緒に寝てしまうので、朝型生活にシフトしました。これが結構良い。かれこれ2週間になりますが、今のところ目覚ましなしで目が覚めます。(6時間たっぷり睡眠だから当たり前か)

朝は昨夜のやり残しや自分の時間。コーヒー飲みながらぼんやり本を読んだり、メールチェックやパソコンもこの時間で、私が帰ったあとに上司や取引先の方が送ってくれたメールを読んで一日の仕事の予定を組み立てたり、子ども達が起きないよう音の出ない事をして過ごします。

6時頃に朝食の準備を始めると、その音で長女が起きてくる。私は元来夜型なので、今まではムスメの方が先に起きる事も少なくなかったけど、毎朝ちゃんと「おはよう」って迎えられるのは何とも幸せな気分。眠そうに起きてきて「おはようございます」と言う長女のカワイイ声がたまらないし、空がだんだんと白くなっていくのを見るのも贅沢だし。このペースをキーブしようと思います。

ぜんそくとかアレルギーとか
2009.09.09 Wednesday

まいった。 私の話です。
先月から風邪が治っても咳が治まらず、咳き込むと止まらないという症状が続いていました。夫からは「寝てる時、すごい咳してるよ」と言われ、気管支炎から肺炎にでもなっちゃったかなーと思って、いい加減病院に行きました。ほんとはもっと早くに行くべきだったのですが、自分の病院ってつい後回しにしてしまう悪い癖。

診察をしたら、ぜんそくです、と。確かに猫、花粉、ハウスダストなど、メジャーなアレルギー反応は大抵ある方。でも今まで一度も「ぜんそく」と言われた事もないのでビックリです。吸引機とか大量の錠剤をもらって落ち込みました。

ぜんそくって先天性のものだと思っていたので、突然なったりするものなの?と、にわかには信じられず調べてみたら、気管支ぜんそくって風邪からなる事が多いみたいですね。もともとそういうアレルギー体質だったのが、あるきっかけで発症するんですって。私も予備軍だったということかぁ。

初期に治せば慢性化しないそうなので今が肝心と、大量の薬を処方されました。風邪くらいなら病院へ行かない方が治ると思っていたけど(病院で別のウィルスをもらう事が多いから)、これからはちゃんと病院へ行こう。。

アレルギーといえば、これまた最近、金属でかぶれる事がありました。時々そういう事があったけど、もともと強い方じゃないから体調が悪いと出ちゃうんだろうなって放っておいたらデニムのボタンでさえかぶれてくるようになって皮膚科へ。

他にも見てもらう事があったついでだったのでアレルギー検査はしなかったけど、先生は間違いなく金属アレルギーですと。これからは純度の高いアクセサリーと身につけなくちゃいけないみたい。

つくづく思うけど、健康って大切ね。
小さい頃はカラダが弱かったけど、空手のおかげかずいぶんとそういうのに疎遠になっていて、すっかり自分は健康体だと勘違いしてただけでした。運動しなくなると一気に元に戻っちゃうみたい。年々体力も落ちてくるから、意識的に体を動かさないとダメなのね。


いつも忘れているのは私です
2009.08.22 Saturday

突然花束を持って帰ってきた夫。「なんでだか分かる?」の問いに頭の中はハテナ。いい事でもあったのかな?と考えていたら、しびれを切らした夫が「結婚記念日」と。
そうでした、そうでした。一昨年もすっかり忘れてたんだ。去年はどうだったのかな、思い出せない‥‥。こういうのって男の人の方が覚えてたり大事にしてくれたりするもんなのかな。単に私が抜けてるだけか。

結婚5年目、ちょっとくすぐったい記念日の花束。
これからもよろしくネ。

長瀞でライン下りと灯籠流しと花火
2009.08.18 Tuesday

長瀞、灯籠流し

今年の夏、一番楽しかった長瀞。保育園のお友達に声をかけてもらって、我が家も便乗させていただきました。長瀞、いいとろこですね〜。

午後から出発して、着いてすぐにライン下り。少し急な上流のAコースと緩やかな下流のBコースとあって、小さな子がいるしって事でBコースに(3時半くらいに着いたらAコースは既に終わっていたんだけどね)。
ライン下りって初めて〜!とウキウキして順番を待っていたら思い出したけど、私チェンマイでライン下りやった事あったのよね。そしていい加減なタイのガイドさんのおかげで、友達と一緒に川に落ちたんだ‥‥。いい思い出です。

乗っていた時間は15分くらいだったけど、天然記念物の岩畳に囲まれた景観にため息が出ちゃいました。両側に広がる切り立った岩畳の間を小さな小舟で進んでいく爽快感、時にゴツゴツとした小岩達を上手によけて、船頭さんもさすがです。次回は上流コースに乗ってみたい!

そのあとは長瀞船玉まつりで灯籠流しと花火。場所取りをした位置からは灯籠流しは見えなかったけど、ちょっと近くまで行って人垣の中から見えた灯籠はなんとも幻想的でした(上の写真)。陸地では出店も出て賑やかだったけど、川縁はとても静かで、水上の無事と安全と水難供養を祈願する祭りというだけあって、厳かな雰囲気でした。

そして花火は今まで聞いた事もないほどの音に驚き。打ち上げ場所から近いという事もあるだろうけど、岩場だからか自然の中だからか、ものすごい迫力。外苑の花火もずいぶんと近いけど、それとはまた違った勢いを感じます。音が大きすぎて子ども達は帰りたがってたくらいデス……。

そうだ、長瀞のかき氷、これまたすごく美味しかったです。フワフワでジャリっとした感じがなくきめ細かい、すぐに溶けてしまう縁日の氷とはひと味違いましたね。また食べに行きたい!

素敵な場所へ誘ってくれてありがとう〜

090815a.jpg

その他、祖母とお墓参りに行ったりイケアでフェイスペインティングしたり、なかなか充実の夏休みでした。夏は各地でイベントがあって楽しいね。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。