妊娠8ヶ月
2008.06.22 Sunday

spacer.gif最近のムスメの言動、すごいんです。もう、イヤイヤが過去最大。
新しく生まれる子の存在がそうさせているのは言うまでもないのですが、なかなか私もそれを見てあげる度量がなく、ついイライラ。前だったら「はいはい」と付き合えた事も、「じゃあ知らない」と癇癪を起こしたり。
 
気を引きたくてワガママ言ったり、こちらの気持ちを試すように無理を言ったり。分かってる、その気持ち、分かってはいるけれど、押してもダメで引いてもダメ、もう付き合いきれません、ってなっちゃうんだよねー。
 
保育園でも園長先生から「泣いて泣いて大変」なんて言われ、思わず「どう接したらいいのでしょう」って問いかけてしまった。親がしっかりしないから子がダメになるって、いつも親に厳しい園長先生が「お腹に子がいるからよ、仕方ないのよ、この時期は」と言ってくれたのでちょっと救われた。
 
もっと頑張りなさいとか、愛情が足りてないとか、そういう返事が返ってくるもんかと思っていたから、なんか凄いなぁって思って。親がダメな時は叱るけど、気弱になっている時には励ましてくれる、やっぱり園長先生だわ。
 
 
ここ数週間安定していた体調もまた徐々に苦しくなり始め、同時に甘い物が食べたい衝動にかられる日々です。朝しっかり食べちゃうと電車で気持ち悪くなるので少量に減らしてます。5ヶ月の時に助産士さんから「この時期まだツワリがある人は8、9ヶ月くらいまで続くから」って言われたけど、ほんとその通りね。今回は「妊娠期間=ツワリ」みたいにひたすらしんどいわ。
 
もう後期に突入だし、通勤もあと一ヶ月ちょっと。産休まで無事乗り越えられるよう、ラストスパート!

母親の愛情がたりない
2008.05.29 Thursday

spacer.gif先日、珍しくムスメがお友達の三輪車に乗りたいと駄々をこねました。
ムスメはわりと聞き分けのいい方で、多少わがままを言ったり駄々をこねたりすることはあっても、比較的あっさり納得してたので、この時は周りのママからも珍しいと言われるほどの泣きっぷり。
 
最近ちょっと様子がおかしいかなと感じていたところ、保育園からの連絡帳にも「この頃園でもすぐに泣いたり怒ったり、聞こえないふりをしたりします」と、普段はコメントを書かない主任の先生からコメントをいただきました。
 
きっとお腹の赤ちゃんの存在が影響しているのだと思ったけど、私の前では特別変わった様子もなく、夫と3人でいる時も「お父さんお父さん」で私に見向きもしないほど。だから私の体調が悪くて遊んであげられくても、夫が一緒にいるから大丈夫だと思っていました。
 
ところが、先生曰く、“母親の愛情が足りない”そうで。
もちろん父親が一緒にいて遊んでくれることで救われているけれど、母親とのコミュニケーション不足を補ってくれるものではないらしく、ムスメなりに気を使っているんだそうです。
 
私の前では何でもないように明るく振る舞っていても、私が先に出かけた後に「お母さんがイイ」と泣き続けている様子を、夫が携帯のムービーに撮ってくれたのを見た時、本当に切なくなりました。ムスメはどうやら我慢をしてしまうタイプのようです。
 
私があまり厳しく言うもので、私の前では聞き分けの良い「いい子」でいようとしたり、疲れているように見えるから無理に「遊んで」と言わないよう気を使ってるのかと思うと、申し訳ない気持ちになりました。こんなに小さいのに、もっとヤダヤダ言ってもいいのに、時々考え込むように、淋しそうに一点を見つめて固まっている時があり、そういう時って何かを我慢したり無理しちゃってるんでしょうか。
 
子どもを一人育てていくって難しくて、とっても責任のあることなんだと改めて思いました。
仕事をソツなくこなす事もキレイに着飾っていることも大切だけど、母親になった今は、子どもの一番の理解者であり、いつでも受け入れてあげられる存在でいることが最も大切な役割のような気がしてます。
 
最近ちょっと余裕なくって自分のことばっかりだったからなぁ。
ムスメに気を使わせるなんて、親として情けないものです。
タグ:マタニティ

性別が判明
2008.05.25 Sunday

spacer.gif7ヶ月検診。お腹の赤ちゃんは女の子か男の子か。
うちは女系なのか、母も3姉妹、私も3姉妹、父は男の子が一人くらい欲しかったようです。
 
初孫はうちのムスメで女の子。次の孫は姉の子で女の子。
我が家に男の子は生まれるのかしら?と思っていたけど、案の定、お腹の子は女の子だそうで。私は姉妹がいてとても良かったと思っているので、ムスメに妹ができるのは良いと思うし女同士の会話やファッションを楽しみたいと今から楽しみ。
 
夫は職業柄男の子とやりたい事が色々あったみたいで、やや残念がってました。家庭内に男が一人ってのもちょっぴり淋しいみたいね。周りからはすでに「3人目は男の子だよ」なんて、、まだ2人目も生まれていないのに気が早いでしょ。。
 
ま、生まれてくるまで判らないものなので、どちらの可能性も楽しみつつ。
タグ:マタニティ

もう25cm?!
2008.04.13 Sunday

spacer.gif第一子の時もそうだったけど、全然お腹が大きくならず、
前回は体重も最後まで6kg増のまま。
今回はツワリで4kg痩せたせいで、5ヶ月になっても妊娠前の体重に戻らず。
体力的にはラクでいいのかもしれないけど、赤ちゃんにはあまり良くないのよね。
 
お腹が大きくならないものだからちゃんと赤ちゃんが育っているか不安だったけど
先日ポコっと胎動を感じたのです。
夫に告げたら、「もう?まだ早いでしょう?」なんて言われ
確かに早いような気がして調べてみたら、胎動はこの時期から
分かりはじめるようで、間違っておりませんでした。

二人目ともなると、今胎児がどんな状態かとか妊婦はどうしなくちゃいけないとか
そういうことにも敏感にならなくなるのか、久しぶりに本を開いて見てみました。
そしたらビックリ、もう赤ちゃんは身長が25cmもあるなんて!
 
お腹の中に生命があり、それがどんどん大きくなっていくっていうことが本当に神秘的で、
私の意識とは別の次元で着実に新しい生命を育てており
カラダが母としての役割をきちんと果たしている。
私は毎日自分の生活とムスメのことで頭がいっぱいなのに。。
 
これからはもうちょっとお腹の赤ちゃんとコミュニケーションとるよう
意識していこうと、ちょっぴり反省したのでした。
タグ:マタニティ

お久しぶりです。
2008.01.24 Thursday

spacer.gifちょっと体調を崩していまして、なかなか更新ができませんでした。
その間に更新したかったものは色々あるのですが、それはまた追々。。
 
毎日仕事ではパソコンにばかり向かっているので、
家に帰ったらムスメと一緒に絵を描きたいと思いました。
画一的なものや、繰り返しや、精密さからかけ離れたものが
今とても不足している気がして。
 
 
姉のマンションに前に住んでいた人が、壁一面に描かれた子どもの絵を
そのままに保存していたんだって。
その話を聞いたときに、すごく素敵な話だと感動してしまった。
だって、その部屋は新築で、真新しいキレイな壁で
子どもが落書きをしようとしたら、思わず止めたくなるでしょう。
知らぬ間に描かれてしまったらきっと躍起になって消そうとするでしょう。 
 
でもその絵を大切に思える、寛大で振り切れている心が
とても素敵だなぁって。
親になると、ついついダメダメって言ってしまう。
それは自分の都合だったり、社会のルールだったり。
教えなくちゃいけないこともたくさんあって、
時には我慢させる事も必要だと思う。
だけど、厳しく育てたいと思う反面、なんでもやらせてあげたいとも思う。
 
子どもって何でも「なんで?」って聞くでしょ。
「なんで?」に答えるたび、自分自身への問いにもなる。
 
道に寝っころがった時、「道路は寝るとこじゃないから起きて」と言ったけど
そう言いながら、誰にも迷惑かけていないならイイんじゃないかと思ったり。
困っているのは私で、恥ずかしいのは私。
もしかしたら私の都合でしゃべってる?
 
こうやって寝っころがる事なんて、大きくなったらできないしなぁ。
そこから見える世界はきっと大人には見えない世界なんだろうなぁ。
だったら、ダメよって教えるのは、もうちょっと先でもイイような。
 
何でも許してしまったら、それはそれで大変な大人になってしまう。
だから、甘やかすのではなく、厳しく、けれど余裕を持って。
 
この境界線がいつも難しい。
 

お手紙書いたよ〜
2008.01.10 Thursday

おてがみ!
今日はお父さんの誕生日。ムスメからはどんなプレゼントが喜ぶか考えたけど、一緒にお手紙書くことに決めました。といっても、今のムスメが書けるお手紙で、気持ちを込めたものに。名付けて「コラボレター」です。
 
コラボレター。まずは無地のカードを用意して、ムスメに赤クレヨンでお父さんを描いてもらいます。手を真っ赤にして頑張って書いてました!
 
適度に赤くなったところでムスメとチェンジ。
これを私がチョキチョキと切り取って
封筒にしまいます。
  
 
封筒を開けると・・・・・
 
ハートが生まれるのでーす。
  
   
  
 
お父さん。
 
 
 
いつもアリガトウのハートだよ〜。
 
 
 
  
はい、どーぞ!

 
 
ささいなプレゼントですが、夫はとっても喜んでおりました。封筒にたくさんの愛情が詰まってたよーって。

やったね!


kids meets jazz!
2007.12.22 Saturday

jazz

シゴトでお付き合いのある方からチケットをいただき、ベビーカーで有名はマクラーレンpresesnts『kids meet jazz!』に行ってきました。子どもと一緒にjazzに触れるイベント。子育て中のママにも生音で日頃の疲れを癒してもらおうって発想も素敵です。一番の目玉はなんといってもスペシャルゲストの平原綾香。もともと大好きだったので、まさかこんなプレゼントをいただくなんて!

始まってしばらくはjazzでムスメもノリノリ、私たちもタップダンサーとのコラボなどを楽しんでいたけど、平原綾香が登場して歌い出したら震えてしまった。こんなに魂を揺さぶられた歌は久しぶり。ゾクゾクっとして涙まで出て来てしまった。10mもない距離で彼女の歌を聴けるなんて、ほんとラッキー。紅白に出るような彼女なので、こんな小さな会場で歌を聴けることも少ないだろうし。

選曲は「Christmas List」、映画『マリと子犬の物語』の主題歌で作曲久石譲の「今、風邪の中へ」、「Jupiter」。それからjazzコラボでした。「今、風邪の中へ」は、曲が始まった時は久石ワールドだったけど、歌い出したら平原綾香の世界に引き込まれたからスゴイ。やっぱりアーティストって自分の世界を作り出せるものね。

子どもイベントという事で、会場は子連れのファミリーでいっぱい。泣き声や駄々をこねる子どももいて、とてもライブを聞くという雰囲気ではなかったけど、それでもこの時期の親にとってもはありがたいイベントでした。意外にも2時間弱の長い時間、ムスメが一度もグズらず楽しんでて良かった。

今週は全滅に近い
2007.12.14 Friday

火曜日の午前中、シゴトのエンジン全開の時にかかってきたのは保育園からの電話。嘔吐して38度を超えているとのこと。早々に帰宅し病院へ。熱もあってグッタリしていて、翌日も熱が下がらなかったため休み。

さらにその翌日も休み、ようやく会社へ出社したのが金曜日。しかし、またしても午前中に呼び出し電話がリンリン。比較的丈夫なムスメがここまで長引くのは珍しい。水疱瘡以外で2日以上連続で休んだことなんてなかったのに。

とにかく体力消耗しているようで、目を覚ましていても腕の中でグッタリ。寝かせようと添い寝して、寝付いたと思って離れると、気配を感じて目を覚まし、手をつないで〜と泣き出してしまう。小さな子が辛そうにしている姿は本当にかわいそうです。

持ち帰ったシゴトを進めようと思ったけど、とてもそばから離れられる状態ではなく、結局ベッドで本を読むのが精一杯でした。今までムスメが元気にいてくれたおかげでこういう事態(連休)に陥らず、シゴトをする上でも助けられてきたんだなぁと、妙に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

普段できないぶん、せめてこういう時は思う存分一緒にいてあげたいものです。シゴトの事は忘れて。
早く元気になってね。

お遊戯会
2007.12.11 Tuesday

しょじょ寺のたぬき

先日お遊戯会がありました。去年のこの時期は別の保育園でのお遊戯会があったのを思い出しながら見ていました。まだ1歳ちょっとのムスメは幕が開いた途端に大泣きの大惨事だったけど、今回はしっかり振り付けもして、1分少々の短い舞台で上手に踊っていました。

この2ヶ月くらい、家でも「しょじょ寺のたぬき」を歌って踊っていたし、連絡ノートにもかなり完成度が高くなっているというコメントをいただいていたので、お遊戯会での成功を密かに祈っていたもの。踊り自体は十分見ていたけど、絣のかわいい町ムスメの衣装が何ともキュートで、もうムスメの姿しか見えませんでしたね。(親バカ)

園によっては選曲もずいぶんと違うようで、知り合いの園では4歳くらいのクラスでは「cho cho train」で激しく踊っていたとか。うちの園の演目を見ると昔ながらの童謡や童話が多いように感じます。新しいダンスの方が子ども受けはいいかもしれないけど、私としては“和”な方で良かった。(※写真はムスメの顔以外、ちょっとぼかしておきました)

上野動物園
2007.12.06 Thursday

上野動物園

そろそろ動物の名前もおぼえてきたし、動物園でも楽しめるだろうと、初めて動物園に行ってきました。ムスメは行く前から楽しみにしていたので、親としても嬉しいものです。

私も昔は動物園が好きでワクワクしてたのだけど、ケニアのサファリでイキイキとしている野生の動物を見てからというもの、どうも動物園の動物達がカワイソウに思えてパッタリと行かなくなってしまったので、かなり久しぶり。少しでも元気にしている動物達と会えるといいなぁと思いながら、多少の期待を胸に向かいました。

動物園は家族連れがほとんどで、小さい子がいっぱい。微笑ましい光景だったけど、、

続きを読む

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。