ふたたびブーム到来
2011.01.21 Friday

101220.jpg

二女の昼寝に添い寝していたはずの夫。
数分後に寝室から出て来たのは笑顔の二女。寝かしつけていて大人が先に寝るとはよくある話です。「まったく〜」と思いながら寝室を覗くと面白い光景に笑ってしまった。グーグー寝ているいい歳したおじさんのシャツ、あらゆる隙間に差し込まれたアンパンマン達。胸ポケットからも3匹顔を出してました。

甥っ子から廻ってきたアンパンマンの指人形は長女もさんざん遊び、その後もれなく二女もお気に入り。毎日毎日毎日、飽きる事なく、指にはめては外して、キャラクターの名前を何度も聞いて覚えて繰り返す。すごいなぁ、アンパンマン。このまま三女もお世話になるのだろうか。

101220a.jpg

アンパンマンにも色々あって、カッパアンパンマンとかクリアンパンマンとか。。
うちにあるアンパンマンオールスターズを5つの指にはめるのが好きみたい。この日は間違えて食パンマンが仲間入りしてますねー。

お見舞いに感激!
2010.12.19 Sunday

101217.jpg

たくさんの優しいプレゼント達。
学年一出席率が良いと言われている長女。そんな子が休んだからか、二女の送り迎えで会うたびおかあさんやお友達に「どうしたの?」ってきかれてます。そして連日近所のお友達からポストにお手紙やプレゼントが。

一生懸命書いた名前や絵に胸が熱くなります。みんな優しいなぁ。ご両親がそういう育て方してるんだろうな。普段から親同士付き合いのあるお友達やそうでないお友達まで。なんというか、ちゃんと保育園でお友達との関係が築けているという事に、親としてほっとした瞬間でもありました。

夫が二女を連れて保育園に行ったらホールで遊んでいた男の子がやってきて、照れくさそうに作ったイチゴを「これ、あやめちゃんに」って託されたんですって。その子、どちらかというとわんぱくな男の子で、そんな行動にビックリでした。

保育園帰りに家に寄ってくれた大好きな男の子は絵を描いてくれて、その子がまたかっこよくてね。長女には何も言わなかったらしいのだけど、二女に向かって「あやめちゃん怪我しているから優しくしてあげるんだよ」って言ったんだって〜。大人顔負け。さすが王子さま!言う事が違います。

近所の女の子はシールやおもちゃを持って来てくれたり、ママからのメッセージが添えられた絵が投函されてる日も。思い思いのものを詰め込んでうちまで来てくれて、つくづくご近所さんに恵まれているなぁと感謝でいっぱいです。こんな事されたら、ますます怪我人扱いが楽しくなっちゃいそう。
いやいや、早く治って保育園に通えるようになるといいね!

つかまり立ちと歯
2010.12.16 Thursday

101213.jpg

歯が生えた三女。
1歳過ぎまで歯が生えなかった上二人と違って、すでに下の歯が2本生えました。ハイハイはスピードを増し、後追いがすごくてどこへでもついてきます。
先日の予防接種では先生から「あまりハイハイさせないでください」なんて言われちゃったけど、ハイハイをさせないってどんな方法があるのだろう。常に見ていられるならともかく、家事でバタバタしていると後追いが激しくて。
つかまり立ちもちらほらと。このままだとすぐに歩き出しちゃうのかなぁ。

ついこないだハイハイを始めたと思ったら、家中縦横無尽に這い回り、一気に成長したようです。それと一緒に長女達もハイハイで遊んでくれるのがとても可愛い。マイペースな二女も「コマリかわいい〜」を連発して、とにかく溺愛しています。こうしてだんだんと『おねえちゃん』になっていくのかな。まだまだペット感覚か。

今まではオモチャを壊して長女から疎まれていた二女、今度は同じ事を三女にされ(なんでも口に入れちゃうから)、「あー、コマリーやめて〜」と、やっとその気持ちが分かるようになったかも。二人の時も面白かったけど、三人となるとまた違う社会ができていくんだなぁと見ていて興味深いものです。

大変なのは三女が小さい今って思いや、いやいや大きくなったら学費が‥‥なんて思いもあるけれど、だからといってこの子がいなかったらなんて想像もできないくらい、大切な大切な家族の一員。もう誰一人欠けるなんて考えられない。

これからも色々あるだろうけど、必死に、必死に、育てていくんだろうな。
タグ:成長記録

お遊戯会と怪我の記録
2010.12.14 Tuesday

101211.jpg

週末はお遊戯会でした。
何度観ても感動するお遊戯会。我が子じゃなくても小さな1歳児が泣きながら立ち往生している姿を見ると、思わず笑顔が漏れ、応援したくなるものです。今年もまた可愛かったなぁ。クラスが上がるにしたがって演目も難しく、完成度も高くなり、どのクラスを見ても感動でした。

今年初めて観に来た私の妹、振り返ったら涙ボロボロで泣いてました(笑)。しかも姪っ子の演目ではなく、他のクラスの子を見て。どんだけ感動し屋なの〜。

長女は入園以来、定ポジションとなっている端っこ(大体デキる子がセンターなのです)。なんというか、端っこでも一生懸命でキラキラで、長女らしい良いポジションでした。同じクラスでもお芝居組もいて、その演技が素晴らしくて驚いた。5歳児ってこんなになりきれるのねー。いやいや、侮ってはいけませんね。

二女はまさかのセンター。ど真ん中でした。幕が上がって最初はポカ〜ンとしていたけど、徐々に踊りを思い出し最後の方は頑張ってやってました。こうやって飄々とやるのも二女らしい気がします。見ているこちらも終始笑顔で笑いながら観ていられました。

と、ここまでは良かったのですが。
お遊戯会が終わってからちょっとした怪我をしてしまった長女。人生初のギブスです。骨に異常はなかったのだけど、ちょっと傷が深くて保育園は当分お休みになりました。カラダが丈夫な長女は普段休む事もないので、傷は痛んでも病人扱いされて嬉しい様子。家でのんびり過ごしています。
育児休暇中で良かった。。

気持ちと言葉
2010.12.07 Tuesday

長女に料理のお手伝いをしてもらっていた時の事。
ドリアにチーズをのせるのを頼んで私は別の事をやっていたら、後ろからなにやらブツブツと聞こえてくる。耳を澄ますと「おいしくな〜れ、おいしくな〜れ、、」と呟きながら長女はチーズをのせているではありませんか。なんだかハッとさせられちゃいました。そういう気持ち、すごく大事だなぁと。

同じような事が前にもあって、もう使えないほど小さくなった色鉛筆を捨てる時、「えんぴつさん、ありがとう」と言ってゴミ箱に入れたのです。ものを捨てる時、そんな気持ちを持って捨てたのはいつの事だったろう。

保育園で教わったのか、絵本で見たのか、もしかしたら夫かな。いずれにしても私が教えたのではない、と思う。いつもいつもそうだけど、大人が教えるべき事を子どもから教わる。もし保育園で教えていなかったら、もし絵本にそういうシーンがなかったら、もし私たち親が教えなかったから、子ども達はそういう気持ちを知らずに大きくなるのかな。それとも、子どもはちゃんと知っているのかな。

子どもを育てるなんておこがましいけれど、親が本当に教えなくちゃいけない事は、お勉強や行儀作法よりもそういう気持ちの方が先なんだよね。これからは私も「おいしくな〜れ」と口にしながら料理していこう。口にすると生きてくる。
まずは自分から。

ハイハイでご機嫌(三女7ヶ月)
2010.12.04 Saturday

ちょっと前からハイハイを始めた三女。
おすわりをマスターする前にハイハイを始めてしまい、順番逆です。

今までは泣く事や手足をジタバタする事が精一杯の自己主張だったのに、興味のあるものに向かって行動を起こせる範囲が広がり、ご機嫌な時間が増えました。和室に寝かせてキッチンに立っている時、物音がして振り返るとそこには和室から出て来た三女が笑顔でいて驚いたり。いつの間にか起きて、泣かずに私のいる部屋に出てくるなんて、もうそれだけで感動。

離乳食は始めたりサボったりでなかなか順調とは言いがたく。それでもスプーンを口に運ぶとアーンと口を開けるようになり、異物を口にした様なニガイ顔をしなくなっただけでも進歩したという事で。のんびり進めて行こうと思います。

三女も長女と同じタイプらしく、授乳感覚が開かない(今でも2、3時間おき)ので、夜中の授乳が結構しんどい。寝ながらあげてるので意識半分なんですが、それでも睡眠が浅くて慢性的に寝不足感はありますね。一回で飲む量も少なく体重も軽いので区から経過観察の督促状まで来てしまうし、育児の悩みはつきません。

でも産後に比べればだいぶ成長して楽になったなぁと感じる日々。
このまま健やかに成長して欲しいものです。
タグ:成長記録

保育園入園集中受付
2010.10.28 Thursday

100903.jpg

もうちょっとでハイハイしそうな勢いの三女。
現在保育園の途中入園希望中ですが、それは絶望的なので、来春からの集中受付にも行ってきました。集中受付なだけあり、担当の方は普段の受付窓口とは違って何にでも即座に答えてくれるスペシャリスト。かなり細かい事も聞けてスッキリ。ただ、春入園でも認可は難しそうだなぁという印象でした。

もともと数が少ないと言われている保育園。しかも0歳児の定員は多くて一園で9名。うちの地区で去年の合格ラインは61点、不合格ラインも61点。つまり同点でも細かな理由によって明暗が別れるという、厳しい状態。

夫婦共働き、週5日/8時間以上勤務(時短は相応に減点)の世帯で基準点が60点だから、某かの加点がない限り無理よね。となると、ほぼ正社員(時短なし)じゃないと難しい。加点の1点、私の場合育児休業中の1点のみ。これで61点。この状態でも安全圏ではない。

同点の場合、兄弟が同じ園にいる、母子家庭・父子家庭、障害者、生活保護、などなど細かい優先順位があるので、そういう方から優先的に入るとなると、9名って枠には入るのも難しそうです。となると、無認可かぁ。せめて認証保育園に入れたらいいのだけど。

寝た子を起こしてしまった
2010.10.14 Thursday

101012.jpg

Mila's Daydreams
ちょっとだけ気持ちにゆとりが出てきたので、再びチャレンジ!
仰向けでも寝られるようになったので今がチャンス!と。

しかし、結果は惨敗。風船を持たせようとしたら起きてしまった。。
やっぱりね、、うちの子には難しい。

おかげで三女の安眠を妨害し、私のフリータイムもなくなったという。
ん〜、私のバカバカバカ〜。

101012a.jpg

完全に目が合ってしまった。。 こうなったらもうダメよね〜。

あつい、あつすぎる
2010.10.13 Wednesday

101011.jpg

雨で延期になったのが一転して快晴の運動会。
確実に日焼けしたと思う。。

長女が今の園に入園以来、初の夫参加。今年から親子競技に騎馬戦が入ってきたから助かりました。去年の白熱した様子を見ていると、弱い馬(おかあさん馬とか)が容赦なく狙われていて、こりゃ大変だ!と思ったものです。おまけに年中さんの出場演目が格段に増え、二女の演目と合わせると19種中10種も!
ビデオにする?カメラにする?そんな事よりも三女もいるし。

とにかく目が回るほど忙しい運動会でした。

続きを読む

「ごめんなさい」の安売り
2010.10.05 Tuesday

二女は妙に強情なところがあって、「ごめんなさい」と言わず頑に口を閉ざす時があるのです(いつもじゃないんだけどね)。それとは対照的に、長女はほんとに素直に、すぐに「ごめんなさい」って。

「ごめんなさい」って魔法の言葉で、それを出されたらもう何も言えないし、例えば腹が立っててもスーっとそれが引いてきたりする。ところがね、長女の素直な「ごめんなさい」が最近はあまりにも多発していて、謝る事で反省をしていないんじゃないかと思えてきました。ものすごく悪そうに謝るのに、次の瞬間また同じ事をやっていたりして。

反省していても謝れない人、反省もせずにとりあえず謝る人、それぞれよね。子どもを見ていると教えられる事が多いものです。親という立場から子どもには色々言うけれど、自分自身を顧みる良い機会でした。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。